Bluetoothイヤフォンと付き合う

Bluetooth イヤフォンを使いはじめてからどれくらい経ったでしょう。はじめて買ったのは、SONY製の「MDR-EX BN」シリーズ(おそらくこれで同定できる)で、これは2世代くらい使った。これは個人的に名シリーズで、ノイズキャンセリング(NC)機能も良く働く。なによりSONYらしいコストパフォーマンスもある。オススメしたい商品だ。

ところで、ときどき外出時にイヤフォンを使わなくなる季節があり、そういうときは必要なくなる。あるいは、手持ちの安い有線のイヤフォンで済ましてしまうときもあったりする。

で、MDR-EX BNシリーズの欠点といえば、本体をどこかにクリップする必要があることで、シャツを着ているときはいいのだが、Tシャツだと装着が難しく、コードを伸ばしてパンツに装着するかとなるとめんどくさい。それで利用が億劫になることがあった。しだいに使わなくなっていくのである。

3年程前、ひさびさにBluetoothイヤフォンを使いたくなり、上記の問題を解決するための商品を探した。2016年くらいなので完全独立型イヤフォンの供給や性能も安定してきたようだったが、まだ何となく躊躇っていた。そこで目を付けたのがSONY製の「MDR-XB BT」シリーズで、いわゆる首かけ型のスポーツタイプだ。先の問題を解消できる。

で、これをしばらく使っていたのだが、気になる点がいくつかあった。1つは音のこもりが割と大きい。購入した製品がたまたまそのような状態だったのか、再生デバイスとの相性が悪いのか、同商品の特性として受け入れるしかないのか分からなかったが、どうにも慣れない。また、意外とかさばり、少なくともサクッとポケットに入れられる感じではない(コンセプト上、首からぶらさげていればいいので)。首から下げ続けるのも割とうっとうしいし、ベストなフィットポジションもよく分からない。というわけで、これも次第に使わなくなった。

ここまでが前話で、最近ひさびさにイヤフォン生活をしたくなった。一昨年か前に発売されたBOSE製のNC機能付き完全独立型イヤフォンがかなりの完成度をもっているように見え、なるほどそろそろ完全独立型もありかなとは思っていた。ただし、私はBOSEがなんとなく苦手だ。

また、さんざんSONYの話をしてきたが、イヤフォンの話だけで考えるとSENNHEISERが1番の好みだったりする。しからば、MOMENTUM Wireless もかなり検討したが、ヘッドフォンサイズの機器を持ち歩くほどの音楽好きでもない自覚があった。そんな折、 昨年の秋冬くらいだったろうか、MOMENTUMシリーズから完全独立型イヤフォンの発売が告知され、言うまでもなく待つことにする。

発売後の結論として、MOMENTUM True Wirelessは購入していない。非常に高価な商品ということもあるが、どうにもスペック面で見劣りする点が大きい。音質には間違いはなさそうだが、次世代機での進化待ちという感じだ。iPhoneユーザーではないが、Powerbeats Proも考えた。このあいだ発表されたSONYのWF-1000XM3もおそらく良い商品だろう。さんざん迷っていたが、この間ふと読んだブログの記事で、NUARL NT01AX を知り、少し悩んだが購入した。

https://nuarl.com/nt01ax/

こいつは便利だ。手放せないな。NC機能はついてないが、私にとってのNC機能の要は電車移動時の雑音であって、幸いゴツゴツの満員電車に乗る機会が減ったいまの生活においては、NC機能の優先度は下がっているのであった。

上述の読んだブログの記事というのは、こちら。参考になりました。ありがとうございました。