読書のメモと付箋の行方、ペンはどこへ

紙の書籍で読書をする習慣をひさびさに復活させた。

えーっと、どこかで読んだのだが、線を引くメソッドは読書の反復方法としてはあまり意味がないらしい。たしかに重要だと思った箇所はハッキリするが結局のところ振り返りの時点で再考する必要があるし、それは初読のときと異なる発想になることもあるだろう。なるほど。まぁ、文意をつかむための補助線にはなるだろうけれども。

というわけで、付箋(ポストイット)に短文でメモを残してそのページに貼っつけていくというメソッドを試している。

この方法の難点は、ペンまたはポストイットを忘れたときに読書のモチベーションが地球の反対側まで到達するほど低下し、最終的には生きている気力を失う結果になることだ。

解決方法だが、ネックホルダー様のツールか、ベルトに装着するポーチみたいなものがよさそう。だが、そこまでするか? という気持ちもある。しばらく試行錯誤したい。