記憶が糸なら、記録は織物か

午前中にふと、ある本のことが思い出された。ところがその本のタイトルを覚えていない。おぼろげなキーワードで検索するものの目的の書籍はヒットしなかった。10 年ほど前に発行された書籍であること、一部のブロガー界隈で話題になっていたことは覚えていたので、当時よく閲覧していたブログを辿ってみて、ようやく見つけた。

正しく 10 年前の書籍であったが、まだたった 10 年前なのかと実感する。書籍はとっくに絶版になっていたが、Kindle 版は存在するようであるし、なんなら Unlimited に登録していれば読めるようであった。今月、たまたま同サービスの無料体験を使っており、つまりほぼコストを意識せずに読むことができる。

ところで本書は、話題になった当時に購入して読んだのであったが、手元の記録には何も残っていないのである。というか、記録がない。記録っていうのはつくづく大事なものだなぁと思う。

読むかもしれないし、読まないかもしれない。