解釈したいという欲求とはなんだ

『天冥の標』のことを考えていた。本作を途中まで読んだとき、この作品こそ『虚無回廊』(小松左京)を飛び越していくのではと思っていた。読了したいま、そういう企図も少なからずあるように思えるが、全くがそうというワケでもなかろう。

しかし、これだけ長い小説もなぁと思いを巡らせていたら『妖星伝』(半村良)が浮かんだ。連想するには、むしろ遅いくらいだ。いつだったかそう思ったことはあっただろうが、すっかり忘れていた。そうなると、『天冥の標』はむしろ『妖星伝』と呼応するところのほうが大きいのではないかという単純なイメージに繋がった。だが、いかんせん『妖星伝』の結末当たりの話をほとんど覚えていない。

さて、さてさて。