あったはずの思考を探してもみつからない

デジタルでメモを殴り書きするときは、Google Keepを使っている。なんだかんだよくできているアプリで、タグなどを駆使すればもっと便利なんだろうけど、とりあえず書き捨てる最初の箱としているので、雑に使っている。

さて、このサービスだが、スマホアプリでメモを記入する状態にしてブランクのまま放っておき、そのままパソコンなどからブラウザ経由でみると編集中のメモが[空のメモ]として維持されてみえる。

「空のメモ」ってなんやねん。

紙の媒体、メモ帳や手帳でも、なんらかの都合があって空白や空行を用意することがある。日を置く。用意したブランクが何のためのモノだったか忘れていることがある。

空白を持て余すという話でした。