怒るための回路

「怒り」という感情はエネルギーになる、というか「怒り」そのものがエネルギーだ。そういうことにしよう。

ちょっとしたトラブルで心が沈んでいたのだが、どうしようもないことで悩んでも仕方ないというか、怒りをぶつけられた結果としての悩みであり、怒りを発した主体についてアレコレと悩んでいた。

かの怒りの原因についてだが、判然としないというか、そういうわけでもないのだが、人間関係におよぶものなので事前のことを拾いはじめるとキリがない。くすぶりというのは、どこにでもある。

ところで、私は怒るひとが苦手で、自分の怒りを発するのも苦手なので、こういう事態についてはおそらくではあるが、必要以上に憔悴することになっている。

結論としては考えるのを放棄するくらいが当座の解決策なのだが、それにもなかなか労力が必要であり、そのためのステップのひとつとして雑記に残す。

そういえば私は「ストレス保存の法則」というでたらめを考えたことがあって、これも自らをなぐさめるための悪手な考え方なのだが、つまるところ人間のストレスというのは、ある人物にて解消されたところで別の人物に蓄積されるだけで、人間社会全体におけるストレスの総和は常に一定であるという愚案だ。

感情労働という概念に似たようなことを感じる。といったところで、ひと段落つけたい。