俺たちの Notion が日本語検索に対応した

昨年から本格的に使っていた Notion が最新の更新で日本語検索に対応した。技術的な詳細は分からないが、今までは欧文をはじめとした単語間にブランクが入ったキーワードの検索しかできなかったが、今回の更新で文字列が途切れない日本語のような言語の文字列検索が効くようになった、ということで大まかには正しいと思われる。

過去の 2 回の記事( 検索できないというのは弱さか汎用的ではないツールを使いたい )で Notion に触れたが、結局のところ毎日の日記のようなメモは Notion に回帰している。適当に書き散らして機能側がそれなりに階層化してくれるのが使いやすい。

無料版で作成できるブロックが 1,000 までなので本格的に文章を放り込むとなると、有料版にせねばならないが、そこそこ使いやすい価格設定で安心ではなかろうか。

どうでもいいが、ノースサンドという会社 が社内での Notion 活用を全面的にバックアップしており、それを会社のプロモーションにも使っているような節があって興味深い。実際の Notion の方を呼んでインタビューのようなことをやっている。

総合的なマニュアルサイトも立ち上げており、心強い感じがする。

マニアックなユーザー達によって、さらなる使いこなしが模索されており 2019 年末には Notion の Advent Calendar がいくつか立ち上がっていた。ゴリゴリにカスタマイズしたい人には参考になるだろうと思う。

私はやらないけど。