設問のみつからない問題を解く

センター試験のようなテストを受験している夢を見た。だが、試験の運営は異様におおざっぱでカンニングも私語も自由なようだった。そうではあるものの、私はひとつの解答もできずにいた。設問を見つけることができなかったのだ。周りのひとたちは一通り解答を終えたようで、のんびりとしている。見たところ私の仲間はいない。

このテストで良点を獲得しないとヤバいという感覚があるなか、無情にも試験時間の終了が告げられ、白紙の解答が回収される。そこで目が覚めた。