特報という言葉をエヴァ以外ではみない

専用のスマートフォンアプリで配信されたシン・エヴァンゲリオンの特報を見た。2019年7月6日に各地で上映されたスクリーンを映したライブ映像だ。最初に上海版をみて、新宿版をチラリと見た。撮影した環境の次第もあるだろうが、上海版のほうが観客の反応に抑揚があって素直におもしろかった。臨場感である。その他の地域の版は見ていないので場所によってはもっと盛り上がりをみせていたかもしれない。

10分くらいの映像だったと記憶している。話に内容があるかないかも分からない状態の内容だったが映像のハッタリが上手い。ここでいうハッタリというのは、なんだかんだで魅せられたという話だ。最初は10分は長いな、飽きるかな? と不安半分に眺めていたが、終盤に差し掛かるともう終わってしまうのかと残念な気持ちになる。そして、これがエヴァンゲリオンらしいところなのだが、その見ているものがおもしろかったか? と振り返ると、よく分からないといんだよね。「Q」の物語終盤でも劇場の座席で似た感覚に陥っていた。なんだか凄いものを見ているが「いったいこれは何だ?」となるのだ。思えばシリーズ全体もそんな感じだったねぇと感慨に浸っている。

これだけネガティブさを前面にした作品も珍しいワケで、それこそが熱狂的な愛憎を生み出した理由のひとつだが、完結編と言われる本作はどのようなゴールを見せてくれるのか。 見るか分からないけど、楽しみではある。まぁ、ほぼ確実に観るんだけど。

あと、シリーズを通してこれまで見てきて、本シリーズにあまりガンダムっぽさを感じたことはなかったのだが、特報で描写されていた浮遊戦艦の連携によるシールドみたいな防御には近年のガンダム味を見た。少し寂しい。

「特報」って言葉、今日日あまり目にしないなと思いググってみたけど、やはりあまり使われていない言葉だなという印象が強まった。