各国の政治を左右するのはどこだか知りたい

ニュースやフィクションなどで「永田町」や「霞が関」などの地名を耳目にするとき、それは国の政治に関わる内容であることが連想しやすい。永田町には国会と関連施設があり、霞が関には国家機関の庁舎が立ち並んでいるからだ。ただまぁ、知っていればピンと来るという話であって、義務教育か高校の授業でもキーワードとして登場くらいはしたようにも思うが、興味がなければ何のことか分からないという人も少なくはないだろう。

一方、アメリカ合衆国であれば「ホワイトハウス」や「ペンタゴン」などだろうか。実際はもっとあるだろうが、パッと思いつくのはこんなものだ。ロシア連邦であれば「クレムリン」か。極東アジアについて言えば中華人民共和国なら「中南海」、大韓民国であれば「青瓦台」だろうか。他には分からない。

このような政治を象徴する場所や建造物は、政治の単位や地域に限らずいくらでもあるのだろうが、そういった類の情報が集まってはいないのだろうか。

少しだけ調べてみたが、フランスであれば「エリゼ宮」が該当するのだろうか。イギリスでは「ホワイトホール」が行政機関の中心であることを示すことがあるらしい。政治ではないが、金融セクターである「シティ」もあったなぁ。

とまぁ、そんなことを少しだけ考えていた。