現実感がない話というものがあるだろう

茶化すことでしか精神の安定を図れないということもあるだろう。なにかしらの思いのたけを書き連ねて心を落ち着かせるということもできるだろう。あるいは情報を遮断し、もしくは情報をしらみつぶしにし、そういう操作によってバランスをとっていくということもあるだろう。

身近な第三者に降りかかった厄災にまつわる理解や感情、その原因に対するスタンスの取り方、それぞれの人がそれぞれの方法でもって対処するしかない。