朝日新聞デジタルの記事の妙

今朝から以下のニュースが話題になっている。他のメディアも報じているのかもしれないが、フォローされているのは概ね朝日新聞デジタルの記事で、はてブなどもこの記事に集まっている。

https://digital.asahi.com/articles/DA3S14035348.html

ところで、朝日新聞デジタルでは、場合によって同じトピックを別々の切り口で扱い、2つの記事がほぼ同時に配信されることがある。事実報道よりの内容になっている記事と、対象へのインタビューを厚めにした記事と、などのパターンだ。

そういった話の上で、今回の「のり」の件は以下の記事もある。

https://www.asahi.com/articles/ASM5X6HTMM5XULBJ01H.html

だが今回に関しては、どちらの内容も同一なのだ。2つ目は朝日新聞「アピタル」(医療メディア部門のような)配下の記事となっている。おそらくは配信の仕組みによって、どちらも別々の記事となってしまっているだけなのだが、おもしろいのは、今回はどちらのはてブも同じくらい伸びていることだ。

まぁ、どうでもいいっちゃどうでもいいのだが、どちらかというと1つ目の記事のタイトルのほうが医療メディア向けにもよいような気もする。記事タイトルをつける権限が別々の部署に分かれている結果なのだろうが、ここはモヤモヤする。