手書きで何かを残す工程そのものに執着する

とかいいつつ、ほぼ何もできていない。業務でたまにメモや書き残しをするくらいだ。

フィジカルな手帳も年始などには購入してしばらくはそれなりに記録やらメモやらに利用するが、数月もたてば利用するのを諦めて、鞄あるいは棚の肥やしになっていることが多い。

それでも文字をなにかを書くという習慣を、プライベートで確保しておきたいという謎の欲求は収まらない。

ひさびさにほぼ日手帳でも使おうかなという気になっているが、信仰上の理由であまり使いたくないという心理も働いており、何とも言えない。1回、Marks の日別ダイアリーを試したことがあったが、これも挫折している。

そもそも日付の決まったノートの重圧が厳然とあって、それは 読書:『バレットジャーナル 人生を変えるノート術』 の記事で書いた。

なんならペン習字でも習おうかなという気分にもなっている。