嫉妬を炎に譬えるのはなぜなのか

昔からたまに疑問として頭に浮かんでは消えていって、そうしては思い出してきたが、嫉妬が炎に譬えられるのはなぜだろうか。嫉妬というのはある種の苛立ちや焦りが処理できないくらい大きくなったものだろうから、私はこれを漏水の類に譬えたい。炎はそれだけで美しさを喚起してしまうが、漏水は完全に管理責任や不備を問われるものでしょう。

嫉妬ってそういうもんじゃない?