環境を考えることのジレンマに耐えない

井上陽水の《最後のニュース》というナンバーをはじめて耳にした。へぇ。1989年の曲だ。レイチェル・カーソンの『沈黙の春』は1962年の作品らしい。ついでに言うと作者は 2年後には亡くなっている。個人的に印象的な作品としては『ドラえもん のび太と雲の王国』だが、この作品は1992年だ。

マズローの欲求5段階説あるいは、ある時期の発展途上国(とされた国々)の訴えではないが、周囲の生活の外側にある環境の問題について人びとが考えうる余裕を持つのは、そのままに余裕があるときに限る。

そもそも地球温暖化(気候変動)について、人間活動が及ぼす影響に関する議論だって、いずれの陣営の筋立てがどれくらい正しいのか、それがいつどの研究で覆されたのか、などなどをフォローするのも大事で、仮にあるスタンスでの主張が信念化してしまっては意味がないのであるからして、難しい。

あるいは最近ではマイクロプラスチックが話題だが、これもプラスチック製品の扱い方の問題なのか、商業的に仕込まれたなんらかの戦略なのか、ナイーブな環境運動の一環なのか、あるいはいずれもが織り込まれた潮流なのかしらないが、全体像がよくわからない。まぁ、まともな本を読んで学べという一言に尽きるのだが。

欧州では「緑の党」と呼ばれる思想、政治のグループがそれなりに勢力を伸ばしているようで、なかなかどうして、そういった思想の強固さに驚くしかないなと最近に思ったという話であった。日本にも「緑の党グリーンズジャパン」があるようだが、まぁパッとせんな。